efoの実際

入力フォームをユーザーが活用できていないという場合には、実際に入力のどの段階で入力を諦めてしまっているのかを分析していくことが必要です。市販の解析ツールを使うとそれを簡単に知ることができるようになります。仮にどの部分でユーザーが入力を諦めてしまっているのかが判ればその点についての改善をすることができるようになります。一般的に入力は簡単であった方が諦めてしまうこともすくないので、それぞれの入力ポイントにおいて平均してどのくらいの入力時間であるかも知ることが可能になります。

入力仮に非常に長い時間を掛けなければ入力を終了することができないのであるとしたら、簡潔に入力をするようにするような改善をしてみるといいでしょう。ユーザーに面倒だという気持ちを与えない入力フォームであることが重要になります。また、ユーザーが入力ミスを行った場合には即座にそれを指摘してくれるような仕様であると、入力をスムーズに行って行くことができるようになります。

また、入力を躊躇してしまうような、住所の入力などは、郵便番号を入力するだけで自動的に住所が入力可能になる仕様もお勧めです。更には、従来よく行われていた、電子メールアドレスを確認のために2度入力することも無くしてしまった方が、使いやすい仕様となってきます。