efoの利用

ユーザーが入力を諦めてしまう原因となるのが入力フォームが使いにくいという点になります。たとえば、入力の途中で前のページに戻る必要があった場合に、それまで入力したデータが全てリセットされてしまうということがあるとその段階で入力をギブアップしてしまう可能性が非常に多くなります。この点を改善するだけで大幅な改善となります。ユーザーの方のストレスを解消するだけで大きな改善が生まれてくることになります。このような点を分析していくことがefoを利用することによる恩恵ということになります。

システムまた、何を入力すればいいのかユーザーが判らないというのも困ってしまいます。実際にどのように入力すればいいのかを提案してくれるようなシステムになっていれば、スムーズに入力を進めていくことが可能になります。間違って違った情報を入力してしまった場合にはその誤りを即座に指摘できるというのも便利なシステムということになります。半角と全角、大文字と小文字を区別しなければならないというような入力の場合もそれを自動的に修正できるようなシステムであれば、ユーザーが利用しやすくなることになります。まだまだ、アイデアが出てくることが多いに考えられるのがefoということになりますので、ますます、多くの企業がefoを採用して活用してくることが予想されています。最後に新たな機能のefoについて説明します。